印刷業者選びのコツについて

印刷

今こそ紙媒体での商品告知を考える

本と眼鏡

インターネット環境が急激に進化した影響で、紙媒体はどんどんなくなっていくと言われています。確かに一部の一部の媒体は急激に減少してきています。雑誌や新聞など、情報をインスタントに紹介するような媒体です。しかし、それら媒体以外では紙媒体は大きく減少はしていないのではないでしょうか。
やはり、幾つかの媒体はWEBよりも紙の方が情報伝達の手段として未だ適しているからでしょう。
代表的なものとしては、チラシやカタログなどです。これらのように商品を掲載するものついては、紙での展開の方がユーザーに親切なのだと思われます。
パラパラとカタログをめくっていて、少し前にみた商品と比べてみると言った動作は、紙のカタログの方が手軽に行うことができるでしょう。
また、沢山の商品を俯瞰して見ながら、献立をイメージして、今日買うものを決めるといった行為も紙のチラシならではでしょう。
WEB展開を考えて、紙媒体での商品告知などをやめる企業も増えてきました。しかし、実際の消費現場ではまだまだ紙に印刷された物を求めています。
昔よりも紙媒体を展開するライバルが減ってきた今こそ、紙媒体での商品告知の精度をあげていくことによって、一歩抜けた商品告知ができるのではないでしょうか。

TOP